腰痛持ちがワクチン接種して2キロの減量を達成した方法

vaccination-2kg トレーニング

どうも、サシです。

先日、コロナワクチン3回目の接種をしてきました。

2回目の時に40度の高熱に苦しみ、3回目はどんな副反応になってしまうのかと心がドキドキしておりました。

そこで、3回目の接種で私に起こった副反応についてお話ししていきたいと思います。

ちなみにこの先は完全日記ブログとなっております。

 

コロナワクチン3回目接種で2キロ痩せた方法

初日

職場が病院ということもあって、仕事中の午前10時30分にワクチン接種しました。

打った瞬間から腕に痛みのような違和感を感じる状態でした。

そのまま17時30分まで仕事をしていたわけですが、眠気のようにクラッとすることが何度かありました。

ちなみに2回目の接種時は、同じような時間に接種して22時頃に40度までの発熱があり、今回も同じ時間に上がるかと事前にベッドに横になっていました。

なんだか心地いいなぁと思いながら、初日はふわふわと眠りにつきました。

 

2日目

早朝4時にトイレに行きたくなったので起きたらいきなり寒気がきました。

これだこれだ!と心で思い出しながら検温すると、38.3度まで上がっていました。

ロキソニンを飲んで二度寝したところ、起きた時には37度台まで下がっていました。

ちょうどスーパーに買い物に行きたかったので、熱はあったけど気にせず出かけてきました。

帰ってきたら疲労感、倦怠感が強く、検温すると39.3度まで上がっていました。

もうこれはお手上げだと思い、潔く休むことを決断したのですが、息子が遊びたいと言い出すので外出はせずに家の中で遊びました。

1分でもいいから横になりたい気持ちでしたが、息子が寝るまでなんとか持ち堪えられました。

いよいよ次の日は仕事です。

 

3日目

朝の5時、検温すると38.3度。

2回目の時は38度台で仕事をして後悔したので、今回は休ませていただくことにしました。

3日目は頭痛が強く、さすがに息子の相手をするにはきつい状態でした。

ここで疑問だが、保育園や幼稚園に入れていない子供を持つ親はこんな体調不良時はどうしてるんだろうって思う。

 

4日目

やっと37度台まで落ち着いたので出勤しました。

頭痛はあるけれど、ロキソニン効果でなんとか仕事ができる状態まで回復できました。

しかし、ロキソニンの飲み過ぎで胃痛が強く、効き目がなくなると頭痛も強く、八方塞がり状態でした。

 

コロナワクチン副作用が落ち着いて

副作用が落ち着いた頃、体重が気になって早速計ってみることにしました。

そしたらなんと!

2キロも減ってるではありませんか!

食欲がなく、高熱でも息子の相手をすることで消費カロリーが激しかったことで一気に減ってしまったことでしょう。

体重測定後から、体力回復に向けてたくさん食べて、2キロ戻すことに成功しました!

私のダイエット生活は長引きそうです。

 

コロナワクチンを接種される方へ、副反応が強い時は無理せず休んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました